分離症とは

腰痛の病気としてたまに名前が出てくる「腰椎分離症」ですが、これは腰の骨である「腰椎」が分離、つまり「外れている(離れている)」状況になっていることを指し、主に仙骨(骨盤を形成する部分です)とつながる「第5腰椎」が分離しやすいと言われています(そのほか、第5腰椎のすぐ上にある第4腰椎が分離症になることもあるそうです)。
この分離症とよく似たような症状が出るのが「腰椎すべり症」ですが、この二つは
・すべり症→元の位置からずれた腰椎が神経に障るために、痺れや腰痛を生じる
・分離症→腰椎や脊髄が外れた為に不安定になった骨が神経に障り腰痛を生じる
という違いがあります。

↓腰痛克服法↓
腰痛にはこちらから↓


分離症になるとどうなるのかというと、支えを失ってぐらぐらになった腰椎や脊髄が周りの末梢神経に刺激を与えるほか、靭帯や筋肉などにも負担をかけてしまうため、腰痛が出てくるようです。
そうなる前に、古澤式の腰痛改善プログラムなどを利用して手術などをしなくてもある程度は自然治癒(当然、分離症の治療にはそれにプラスして病院や整体の力も借りましょう)を行えるような体を作っておきましょう。

分離症の痛みとは

腰の痛みにも、チクチクするものからズキズキするもの、それに腰にズーンとくるようなものまで様々ありますが、横浜の整体院・こぼり治療室さんによるとこういった腰痛(腰周りの神経の炎症具合)は ズーンとする→ズキズキする→チクチク、ビリビリする というような段階でひどくなっているのだそうです。この腰痛の刺激の程度は歯痛にも通じるところがあるので、ちょっとズキズキする腰痛があるんだけど…という程度になってくるとかなり危険信号が出ている、ということになります。 なお、整形外科や整体院などにかかる場合はこの「腰痛の程度はどのようなものなのか」というのも重要な情報になります。痛みの程度によって(いきなり手術というのはないでしょうが)、軽度のスポーツや古澤式の腰痛改善プログラムなどを用いた理学療法を使うか、ブロック注射を用いるか…など治療法が大きく変わってきますので、どのくらいの痛みなのか、というのをきちんと説明できるようにしておくといいでしょう。

分離症と保険適用

スポーツをしている方の場合、体に過度の負担がかかることによって疲労骨折のような形で腰椎などの分離症を起こしてしまうことがあるのですが、保険会社によっては「疲労骨折は保険適用外」として保険金が下りないこともありますので要注意です。分離症になって腰痛も辛いのに、自然治癒もままならない、しかも通院費も下りない…というのは、ちょっと辛いですよね。 そういった場合は、担当の整形外科医などに診断書を書いてもらうことが必要になると思います。「腰痛を抑えるため○ヶ月間コルセットを着用する必要あり、スポーツなどの活動は厳禁、活動中に分離症を発症」などの原因欄が保険会社のプラン適応条件を満たしていれば、お金が下りる可能性も出てきますので、まずは保険会社にも相談してみるといいでしょう。

↓腰痛改善法↓