薬剤師国家試験 参考書

薬剤師国家試験で参考書でおすすめなのが黒本になります。
薬剤師国家試験を受ける人は必ずと言っていいほど使っている参考書で、掲載されている問題数が他社が出している問題集よりも圧倒的です。

スポンサードリンク
薬剤師国家試験の参考書(楽天通販)はこちら

薬剤師国家試験の黒本は、『日本医薬アカデミー』が出版されている参考書なのですが、
受験者に1の支持を受けていて、圧倒的な問題数以外に、古い再出題されそうな問題や新傾向の問題まで幅広く網羅しています。 解説も分かりやすいので、新卒者にも重宝されています。
黒本の参考書の内容としては、
『基礎薬学1・2』『衛生薬学』『薬事関係法規及び制度』『医療薬学1・2・3』と7冊あります。 値段が35,490円と青本並の値段です。ちなみに、青本は、『基礎薬学1・2』『衛生薬学』『法規制度』『医療薬学1・2・3・4』と8冊あります。 合計で35,910円です。
本のきれいさにこだわらないひとはオークションなどで購入する人もいます。
薬剤師国家試験の合格基準を攻略するためには、黒本と青本、黄本がよく使われます。
値段で言うと7、8万円近くかかりますが、合格点を取るためには仕方がないです。 黒本も青本同様に合格ラインを超えるためには必須の参考書と言えます。
理解力・応用力を構築するために、過去問と解答・解説が収録されています。 試験日程までに時間を十分とって勉強法を確立すれば問題なく合格基準を満たします。
勉強法を間違えるとどつぼにはまり、新卒の間に合格点に必要なボーダーラインすら回答できずに終わってしまいます。
勉強法としては、ゴロ合わせと過去問を一度解いて何度も繰り返して覚えるのがいいでしょう。 合格基準に達することはしっかりやれば大丈夫です。試験当日は会場をしっかりと押さえて万全な状況で臨みましょう。

薬剤師国家試験 勉強法

薬剤師国家試験の勉強法は過去問を行うのが良いのですが、合格ラインを見極めてから勉強をスタートする必要があります。
薬剤師国家試験の勉強する範囲は膨大です。大学でならった4年分の範囲を一から勉強しなおすのは一番やってはいけないことです。
時間がまったくたりません。参考書を1からやっているのは非効率です。
薬剤師国家試験では過去問から20%の出題され、残りの80%は過去問の類似問題となっています。
ですので、難易度は毎年変化がないので合格ラインの点数もあまりかわりません。
合格ボーダーラインは65%の回答率なので、240問中156問取れればOKです。
新卒者の平均点は173点ですし、マークミスや記述ミスがあると可能性が考えられるので余裕をもって、170点付近を狙うのが効果的です。
できない問題は飛ばしてボーダーを超えることを意識します。
まず、勉強法としては、予備校からでている参考書である黒本と青本を購入します。過去問もセットで購入して一度できなくてもいいので解きます。
その時にどのような問題がでているとか傾向を理解します。解説を読んである程度理解したら次へいくというスタイルをとります。
やってはいけない勉強法としては過去問を完璧に覚えることです。完璧とは問題に対して答えられるかどうかです。参考書でわからない部分は補います。
これでは時間がたりません。一通り覚えたら次。やっていって、3週くらいさせると大体覚えてきます。
ゴロ合わせもいいですし、どんな暗記法でも構いません、過去問を徹底的に解きましょう。
毎年、薬剤師国家試験の合格率ランキングが厚生労働省から大学別に発表されています。
大学の偏差値の高さと合格率は関係がありません。私立大学ほど合格率で勝負をしています。
薬剤師国家試験の会場は、北海道、宮城県、石川県、愛知県、大阪府、東京都、広島県、徳島県、福岡県の厚生局で行われています。
薬剤師国家試験は、例年3月上旬の土・日に行われますので、参考書を確実に勉強を行って対策を立てましょう。

スポンサードリンク