薬剤師国家試験 勉強法

薬剤師国家試験の勉強法で一番確実かつ合格ボーダーラインに近づくには過去問を攻略する方法につきます。 過去問は、黒本、青本を行いましょう。 始めに過去問を解き、どんな問題が出るのかつかむこととどのくらいを回答することができるか合格点までの道のりを確認しましょう。 新卒者の合格率は86%で、既卒者の合格率は50%となっているようなので、早めに勉強法を確立して対策した方がよいでしょう。 平成24年からは新6年制に試験範囲・内容が変更になります。 変更された場合の試験範囲単純に考えても1.5倍なので試験範囲が広がるため、難易度が高まると考えられます。 合格点が取りづらくなることが予想されます。 合格点のボーダーは65%とされているので、現在の問題数の240問中156問解ければ合格最低ライン・ボーダーとなります。 試験の新卒者の平均点は173点とされています。つまり、合格基準を満たすためにも過去問を対策する勉強法を行い、 黒本や、青本などによる過去問を勉強して170点に近づけるのが一番です。 また、試験本番では時間が限られているため、マークミスも十分考えられます。 合格ラインに近づけるには170点を合格点として目指すのがよいでしょう。 解答速報などが予備校などから出されますが、ぎりぎりだと合格発表まで安心ができません。

スポンサードリンク

薬剤師国家試験の参考書(楽天通販)はこちら

薬剤師国家試験 勉強法 過去問

薬剤師国家試験の勉強法には過去問がいいとお話しました。 この勉強法で絶対にやってはいけない合格点に一番遠ざかるやり方を紹介します。 それは、黒本や青本を勉強した内容をノートなどにまとめる方法です。この勉強はかなり最悪で、数が膨大になるため 試験日程までに間に合わなくなる恐れがあります。 なので、勉強法としては、過去問に解答して、合格点までの足りない点数を確認します。 その後、解説を読みます。わからないところは調べてそれをミスがなくなり、合格点に届くまで近づけます。 この勉強法には、黒本を最初に使います。黄本などもありますが、まとめ本になっているので最初の時点では役に立ちません。 黒本は、最初から読み込むことはしないでください。何度か回答を行い、何回も使います。 その中で合格最低点へ近づけていきます。難易度は毎年変化がありません。 薬剤師国家試験は、過去問から20%の出題があると言われています。残りの80%も過去問の類似問題が多いです。 ですので覚えてしまえば解けることになります。特に、薬の名前は数がたくさんあるので覚える場合などには、 ゴロ合わせを行うのが一番でしょう。 薬剤師国家試験の合格大学ランキングなどが出回りますが、大学の偏差値と合格率には相関はありませんので、勉強すればどこでも受かります。 合格発表で安心できるように難易度を抑えて試験日程まで勉強を行いましょう。