芝 中学校

芝中学校は、1906年3月に設立され完全中高一貫制の男子校として現在まで来ています。
芝中学校は、戦前からの進学校として優秀な人材を輩出してきた都内有数の名門中高一貫校として有名です。 自由で大らかな校風を特徴としているため、保護者にとても信頼を集めています。 戦後の新学制発足してから57年連続で東大合格者を輩出し続けている。 その他有名国立大学をはじめ、私立大学に多数合格しています。
完全中高一貫制として教育を行っており、生徒募集は中学校(男子280名)のみで、 高等学校からの募集は一切行わない完全な中高一貫校になっています。
受験での偏差値は57近辺と上位の偏差値になっています。大学へエスカレータ制で進む中学校はとても人気で その学校と遜色のない偏差値にいるため、東大などの合格率を考えると学校の教育のレベルの高さをうかがわせます。 芝中学校、高等学校ともに、東京都港区芝公園にあり渋谷や新宿から離れているため落ち着いてた環境で学ぶことができます。 学習カリキュラムは完全中高一貫校という特色を活かし、高2までの5年間で各教科の履修内容をほぼ終了させ、 高3の1年間で大学受験の問題演習をみっちり行える体制が整っているので受験にも安心です。

スポンサードリンク

中学受験対策商品(楽天通販)はこちら

芝 中学校 問題

芝中学校の問題は、受験での出題教科が「算数」「国語」「理科」「社会」の四科目になっています。
■算数
計算を含む大問10題前後で構成されています。 合格者平均点が7割を超える高得点になっているため、過去問対策を入念に行う必要があるでしょう。 平面図形・速さのグラフ問題が頻出になっています。良問が多いです。
■国語
漢字の書き取り、読解問題。論説(説明・随筆)・物語長文2題で構成されています。 合格者の平均点は約40点です。書き抜きと選択問題が中心になっています。
■理科
生物・化学・物理・地学の大問4〜6題程度となっています。グラフの読み取りは頻出なのと計算問題は基本レベルなのが特徴です。 合格者の平均点は、約50点強です。
■社会
地理・歴史・公民の大問4題構成されています。記述解答があるため、文章構成力が問われます。 合格者の平均点は、50点前後です。
芝中学校の問題は頻出問題の傾向をしっかりととらえることが必要です。願書提出前に過去問は一通り対策を行いましょう。