履歴書 性格

履歴書に性格を記載するのは難しいと感じている人が多いようです
。 履歴書の性格欄に「自覚している性格」を記載するには、自己の特徴を記載することになるのですが、 書き方の例もないので長所と短所を当たり障りのなく書いて、たとえば、几帳面、慎重、協調性があるなど書いてしまうでしょう。 履歴書の性格を書く例や例文を用意して書き方のお手伝いをします。
■「自覚している性格」
書き方のポイントは簡潔にわかりやすくがポイントです。
ですので、長所:○○○○短所:○○○○ のように箇条書きで書くといいでしょう。
後は面接で答えられるようにしておけば十分です。無駄なことは書かない余計なことは言わない。 新卒面接でも中途面接でもバイトでも同様です。私・自分という人間性を伝えられるようにしましょう。
■『自覚している性格。在学中に力を注いだ事柄。』
書き方のポイントは、長所と短所を最初に洗い出すこと。キーワードになります。
そして、最初の一行の書き出しで「私は○○であると自覚しています」と書きます。 ○○は長所にあたるキーワードです。
「自分は」とは間違っても書かないようにしましょう。自分を表す言葉はすべて「私」で統一です。 次に、在学中のエピソードを元にキーワードである長所に関わるネタを書きます。 ここでは短所の部分も表現します。ただし、短所を長所で補えるというように表現することがポイントです。 短所は人によっては長所になりますし、長所は短所にもなります。 几帳面な人は、細かく仕事をしていくタイプに取られ正確性はいいかもしれませんが細かく上司に確認を仰がないと動けないタイプと とられるかもしれません。 特徴を表す言葉である慎重、協調性なども同様です。いかに自分仕事でその性格・特徴を生かすことができるのかが伝えられるか重要です。
性格欄はこのような感じを意識して書けば問題ないでしょう。
例文としては、「私は、目標を決めたらやり抜く性格です。アルバイトや部活動・サークルでは、小さなことにも目標を決めて やってきました。○○○」内容は大きくても小さくても関係ないです。
あくまで会社に入ってから成果を出せる人間かを見るのが面接です。仕事ができるであろう期待を持たせれば合格します。 相手は、あなたの期待値に対して採用をします。そこを外さないようにしてください。 就活本の例文によく載っているのは参考にしないようにした方がいいです。あの例文は面接官はよくみています。 ですので、例文をまねした人はすぐにわかります。

スポンサードリンク

履歴書・面接対策の情報はこちら(楽天通販)

履歴書 性格 書き方のQ&A

履歴書の性格の書き方について紹介してきましたが、どうしても履歴書を書く上で陥ってしまう罠やポイントをQ&A形式で 紹介していきます。
履歴書やエントリーシートは、第一関門としてどうしても重要になってきます。 それが落ちると面接すら受けられなくなります。 履歴書の書き方で間違いを起こさないようにサポートします。
Q.履歴書に『自覚している性格について』書く欄があるがスペースが少ないです。具体例は入れるべきですか?
A.性格を端的に述べる必要がありますが、それだけではわからないので補足を記載します。
例えば、忍耐強い(海外をバックパックで15カ国回りました) このように特徴を書けば、海外にバックパッカーとしていっただね?と面接官に聞かれるのでそのネタを話せばいいだけになりますし、 面接官も質問がしやすく、会う前に想像がしやすくなります。会いたいと思わせるかがポイントです。
Q.『自覚している性格。在学中に力を注いだ事柄。』をうまく書けません。在学中に力を注いだことがないです。
A.在学中に力を注いだ人は、全体を見てもとても少ないと思います。性格を自覚している人も少ないです。 ですので、どんなに小さなことでもいいです。
アルバイトでも日常生活でも問題はありません。毎朝欠かさずやっているウォーキングでもいいです。 ウォーキングをすることでスタイルを維持していた。人からの見え方を意識しているなどアパレル業界はもちろん、人から見られる 仕事などでも使えます。要は、自分が仕事をした時に力を注ぐとどのくらいの成果を期待できるかを相手は聞きたいわけなので、 その期待値をあげられるように書けばいいだけです。
Q.履歴書の性格以外に志望動機を書くことができません。
A.志望動機を書くのは実はとても難しいようで簡単です。ただし、これをやるとみんな同じようになるので注意が必要です。 まずは、エントリーしたい会社のHPをみます。採用基準やポリシーなどをじっくりみます。キーワードのような言葉をメモしていきます。 そうすると、その会社がどのような人を採用したくてどういう会社にしていきたいのかが見えてきます。
つまり、志望動機にそのキーワードを織り交ぜて書けばいいだけです。 会社によってはネット上でエントリーシートを募集しているケースがあり、キーワード判定というのもやっている場合があります。 つまり、会社が期待している人物を表すキーワードが記載されていないとNGということになるのです。 学歴判定もありますので注意が必要でしょう。
履歴書の性格の書き方は、一度コツをつかんでしまえば簡単です。
しかし、これでいいのかと不安になる方も多いかもしれません。そんな時は添削サポートや知り合いなどを使ってみるといいと思います。 客観的な視点で見てもらえるので恥ずかしいかもしれませんが、エントリーの時点で落ちるよりははるかにましです。 内定ホルダーになる必要はありませんが、書き方のコツをつかんで受かりたい会社に一人でも多く受かると私は嬉しいです。お役にたてば幸いです。