ニトリ キッチン

ニトリでキッチンの製品をそろえることができます。
ニトリは、家具がメインなのですが実はキッチン製品も多数取り揃えていてしかも格安で手に入ります。 その中でもキッチン用品は激安です。
例えば、システムキッチンを例に挙げると、一般的にシステムキッチンを工事費込みで購入しようとすると 『つり戸棚』『収納部分』『シンク』『コンロ』『レンジフード』の組み合わせが一般的になるのですが、 100万円くらいかかってしまいます。
しかし、単品のキッチン用品だけで見ると標準的な金額で言うと
『つり戸棚』は約3万円前後、『収納部分』は4万円〜10万円、『シンク』は2万円〜3万円、『コンロ』は5万円〜10万円、 『レンジフード』は4万円〜5万円くらいですので、大体、20万円くらいから30万円くらいで収まるはずなのです。
最近では、キッチンをリフォームしようと考えている方が増えて来たのか、システムキッチンの価格を何%も割引しているお店がでています。 もともとの正規の価格で安心できるお店で言うと、ニトリは一番おすすめになります。
まず、IHクッキングヒーターをとってみても分かりますが、東芝や大手の電気製品会社の製品を価格.comでみても8万円〜10万円はします。 例えば、メーカーで工事費込みの見積もりを出すと100万円近くいきますが、 ニトリだと『つり戸棚』『収納部分』=オール引き出し収納、『シンク』『コンロ』=IHクッキングヒーター、『レンジフード』 調理台が人工大理石で見積もると大体25万円を切ります。
一般的な量販店で購入するより格段に安いです。 ここから工事費が付くのですが、実はキッチン本体より工事費の方が高いです。 これは、ニトリが依頼している会社が工事を行うのでどうしてもその値段が入ってくるのだと思います。 大体工事は2日かかりますが、リニューアルされたキッチンはとても素敵です。 リフォームする際に、キッチンボードやキッチン用品をベットで購入しようと考えていたのですが、そんなことをする必要もなく ニトリですべてが揃いました。 とてもおすすめだと思います。

スポンサードリンク

ニトリのキッチンの詳細(楽天ネット店舗)はこちらからみれます

ニトリ キッチン ボード

ニトリキッチンボードは一番安いもので3万円台からあります。 一般的に食器棚などを入れたり炊飯器を置いたりする家具のことをさすのですが、結構大きめになるのが特徴です。 ですので、一度入れてしまうと頻繁に取り換えることができないので選ぶ際には慎重に行った方がいいでしょう。
ここで、ニトリのキッチンボードの選び方を紹介します。 選び方は、大きく分けて2点あります。
■ニトリキッチンボードを選ぶポイント
1.実用性
2.インテリア性
キッチンボードを選ぶには、食器などを入れたりする生活面がかかわってきますので実用的に使えるかどうかが問われます。 ですので、すこしでも不便になってしまうとか使いづらい点があるとアウトになります。 また、お客さんやお友達がきてもいいようにある程度のインテリア性をもったおしゃれも必要になるでしょう。
1.実用性
まず、食器棚をおけるかスペースを調べる。そしてお皿などを入れるのに困らないかをチェックします。 しっかりとキッチンの中に入るような大きさがあればOKです。 次に、取り出しやすさです。日常生活では何回も同じ動作を繰り返しますので腰を曲げたりしないと使えないとか あけるのに力がいるなど細かく調べましょう。 特に、電子レンジなどを置いたり炊飯器をセットしようと考えている場合は奥行きと高さを十分にとりましょう。
2.インテリア性
インテリア性を取り入れるには、カラーを整えるのが一番です。 例えば、キッチンボードが白に統一されているなら白でまとめて、ワンポイントで色を一部に入れるとか、雑貨で購入したものを つけるなどした方が良いでしょう。
ニトリのキッチンボードの特徴は、『耐震ロック機能付き』です。また、『省エネコンセント』もあります。 最近では、地震が多いですので、しっかりと地震が来ても大丈夫なようにと電気が切れる仕組みがあった方がいいでしょう。
ニトリは、キッチンボードはもちろん、キッチン用品が多数揃うようになっています。 一度店舗へ足を運ばれて見てはいかがでしょうか。