キーエンス 転職

キーエンスに転職したい人は多くいます。 その理由の一つとして年収が高いのが魅力だからだと言えます。
キーエンス(keyence)の2007年度の全社員の平均給与は1,397万円(平均年齢:32歳)となっていて、 あくまで平均なので実際の30歳での給料はこれ以上の可能性があります。

スポンサードリンク
転職に関する情報はこちら(楽天通販)

ボーナスは年2回とαプランというものがあります。噂によるとボーナスだけで6か月か9か月くらいいくという話です。
給与が高給というのもうなずけます。 ただし、これは正社員の場合です。派遣で来ている人も給与は高いでしょうが、ボーナスなどがないので平均年収はさほど上がりません。 就職活動をするのであれば、正社員で転職するのがよいでしょう。
ただし、キーエンスは、新卒採用と転職の採用を行っていて採用面接もレベルが高くなっています。
それもそのはず、営業職や技術職の仕事のレベルは高く、21:45以降の残業は禁止と徹底されているため、仕事の効率を高めるほかに 方法がありません。
ですので、転職する前の会社が仕事のペースがゆっくりだったりする場合にはなかなか厳しい現実が待ち受けるでしょう。 特に、キーエンス(keyence)の年収は高くて評判なのですが、その一方で激務、離職率が高い、残業のしわ寄せがきついなどの噂があります。 転職してすぐに辞めることになるのは避けたいところでしょうから入念に調べたくなる人も多いことでしょう。

実際のところは、 総合職全体の離職率推移は、2003年度6.4%、2004年度4.4%、2005年度4.4%、2006年度3.9%なので 他社と離職率を比べてみてもさほど高くありません。
激務と噂が立つ理由としては、仕事の効率を高める必要があることから来ているのでしょう。 転職する方はある程度情報を吟味する必要があります。

キーエンス 噂

キーエンスの噂は就職してしまえばあまり気にならなくなると思います。
キーエンス(keyence)は、自動制御機器(プログラマブルロジックコントローラPLCと周辺機器)、計測機器、情報機器、 センサーやバーコード、マイクロスコープ、シーケンサ 、レーザー マーカー 、バーコード リーダー、光学顕微鏡・電子顕微鏡、 ホビー用ラジコンなど製品を上げるときりがないほど色々と製品を販売しています。
そのほとんどが特許の製品で、特許権(パテント)収入と知財だけでも収益がでているほどです。 キーエンスの株価も安定していて、社員の平均年収が高いのはそれだけの仕事をしているからと言えます。 特に、噂が立つのは外部者からの高給な給料ゆえのやっかみなのかもしれません。キーエンスの噂の中で、新卒で入社して30歳で家が たち、40歳で墓を建てられるというものがあるくらいです。
2007年度の全社員の平均給与は1,397万円というのは、今後も高まっていくかもしれません。 キーエンス(keyence)の株価安定して推移していますし、社員の健康のことも考えて仕事も行っているようです。 ゴールデンウィークはゆっくりと休むように会社からお金が支給されるくらいです。
ボーナスだけでも6か月以上あり、通常の給料が高いのにそこまで支給してくれるのは社員思いのよい会社ではないでしょうか?
キーエンスの噂には耳を傾けずに、転職するといいと思います。キーエンスで働いていたことは次のキャリアに活きてきます。 就職活動にて内定を勝ち取り、すばらしい年収とすばらしい社員の環境下で働けるといいですね。

スポンサードリンク