キーエンス 就職

キーエンスへの就職には徹底した対策が必要でしょう。新卒面接、転職者の採用面接ともに難しいという噂です。
面接は、新卒採用であれば、エントリーシートを提出して、一次面接、二次面接、会社訪問と続き内定になります。

スポンサードリンク
就職に関する情報はこちら(楽天通販)

一次面接では、論理的思考力を問われる問題が出題されるなど営業でも技術職でも徹底的に頭の回転の早さなどを確認してきます。
二次面接も同様にマイクロソフト社やコンサルティング会社が出すような問題を出題して地頭の良さを確認されます。
二次面接に合格すると会社訪問で社員と会える機会が与えられるのですが、そのさいに色々と会社の仕事のこと働き方など 就職する際に気になる情報を教えてくれます。特に重要なのはそのあとでしょう。就職で重要な役員との話し合いがあります。 これが一般的な最終面接と捉えていいでしょう。この採用面接を終えると内定になります。内定後は内定者と交流をとれるので 皆さん賢い人ばかりなので他の会社でも内定を手に入れている人ばかりです。

転職に関して言えば、キーエンスに就職するのは新卒採用よりも難しいと考えた方がいいでしょう。
それは、キーエンスの働き方と就職後のカラーにマッチするかが問題になるからです。 特にキーエンスの場合は色々な噂があり、激務であったり、離職率が高かったり、残業が多いなど、就職後の給料が高いからかも しれませんが噂が絶えません。 転職前の会社がキーエンスの社風や仕事の進め方と合わない方などは就職は難しいと考えられます。 ですので、転職会社などをうまく使って情報を集めた方が得策だと言えます。

キーエンス 採用

キーエンスに採用されると、高給な給料がまっています。月の給与はもちろん、ボーナスが6か月、9か月出るという噂もあります。
ボーナスは年に2回とαプランがあります。αプランは、自分が所属している部署の成績で決まりますので、営業、技術者問わず いかに、成績を残すのかがボーナス獲得の条件になっています。
キーエンスで内定がでて採用されると、全社員の平均給与は1,397万円(2007年度の平均年齢:32歳)となっていますので、 新卒採用で就職先をキーエンス(keyence)に決めた人は30歳で家が建つほどです。
キーエンスに採用されるまで多くの噂や評判があり頭を悩ませるかもしれませんが、実際のところどうなのかを紹介します。 キーエンス(keyence)では、激務、残業がひどい、離職率が高いと噂や評判を耳にしますが、それほどでもありません。
キーエンス(keyence)が発表している総合職全体の離職率推移ですが、2003年度6.4%、2004年度4.4%、2005年度4.4%、2006年度3.9% と一般的な企業とさほどかわりません。残業についてはむしろいい方で、21:45以降の残業は禁止しています。
仕事を家に持ち帰ることもNGとなっています。つまり、残業ができないので会社で規定の時間に仕事を終わらせる必要があります。 これが、激務と言われるゆえんではないでしょうか。

キーエンスに採用される人は優秀な人材が多く、営業でも技術職でも成績を残しています。
センサーやバーコード、マイクロスコープ、シーケンサ 、レーザー マーカー などの製品は、ほとんどが特許で 特許権(パテント)収入と知財の収益がとても高くなっています。 キーエンス(keyence)に採用されるまでに噂はたくさんありますが、就職活動において悪い評判などは良くあることです。 自分の目で就職を良いものにして、採用された暁にはすばらしい社員と高給な給料を手にして素晴らしい毎日を送りましょう!

スポンサードリンク