キーエンス 採用

キーエンスの採用は、新卒とキャリア採用(転職組)を行なっています。
しかし、双方とも採用は厳しいの実情です。 新卒採用では、4年生大学を卒業、もしくは大学院を修了見込みの方で募集学部:全学部・全学科となっています。

スポンサードリンク
採用面接に関する情報(楽天通販)はこちら

キーエンス(keyence)は公平・公正な採用活動を行っています。
具体的には、キーエンスの役員・社員と3親等以内の関係者は応募不可となっています。かなり派閥などが起こらない仕組みにしています。 キーエンスで採用が行われた場合に気になるのが年収であると思います。
新卒が入社した場合の給与は、修士了:22万4千円、学士卒:20万4千円が初任給となります。
ボーナスは、6月、12月、適宜あります。ボーナスだけで、月収の6か月分、それ以上という話もあります。
一見他の会社と給与が変わらないように見えますが、キーエンス(keyence)は高給の給料をもらえることで有名です。
2007年度の全社員の平均給与は1,397(平均年齢:32歳)となっています。これは新卒の給与も含まれるので30歳での給料はこれ以上になる 可能性があります。
キーエンス(keyence)の採用の基準は公開されていません。基準が分かってしまうと公平・公正さが失われると考えられているためです。
キーエンス(keyence)では、新卒採用の場合にはエントリーシートから始まり、一次面接、二次面接と進み内定になります。
就職活動で内定がでると社員と交流会があります。そこで社員の口から会社での仕事や就職してからのイメージがつくような話を してもらえます。

キーエンス 就職

キーエンスに就職する人は優秀な人材が多く存在しており、技術者も優秀で特許が製品の7割近くあります。
センサーやバーコード、マイクロスコープ、シーケンサ 、レーザー マーカー 、バーコード リーダー製品を挙げるときりがありません。 特許権(パテント)収入などの知財で相当な収益がでていることでも明らかです。
キーエンスにはαプランというのがあり、所属部門の成績に応じて支給して残りを全社員にボーナスとして与えられます。
営業でも技術職でも同様です。これが平均年収を底上げしているとも言えます。
キーエンス(keyence)には毎年増収していて株価も高い水準をキープしています。しかし、その一方で噂がたくさん流れているのも事実です。 例えば、激務、残業がひどい、離職率が高いなどそういう噂や評判を耳にします。

実際のところどうなのかですが、総合職全体の離職率推移は、2003年度6.4%、2004年度4.4%、2005年度4.4%、2006年度3.9%となっています。
また、残業ですが、21:45以降の残業は禁止しています。
また、機密情報管理の側面から資料を家に持ち帰って仕事をすることも厳禁です。
つまり、遅くまで働けない仕組みになっているのです。

つまり、激務でもなければ残業がひどくも離職率が高くもありません。
営業でも技術職でも同様です。しかし、キーエンスの業績はとてもよく株価にも反映されています。 激務であったり、残業がひどいとか離職率が高いという変な噂がでる理由にはわけがあります。
実は、営業でも技術職でも効率を最大限追求しています。

ですので、無駄な時間などは極力排除しています。営業であれば毎日営業から帰ってきてからミーティングを行ったり、 会議は立って行ったりしています。そういうところから給料に反映をされているようです。
キーエンス(keyence)ではアグレッシブな方が多い気がします。雰囲気としてそういう方が採用されているのかもしれません。 新卒採用でも転職でもキーエンスの採用は厳選されますのですばらしい人材が多くいます。
評判や噂はどの企業でもつきものです、実際に社員の方や情報を自分なり勘案し判断されればよいのではないでしょうか? 平均年収が高い高給・ボーナスをもらえる生活を手に入れるかどうかはご自身の実力で決まってきます。 すばらしい結果が得られることを期待しています。

スポンサードリンク