キーエンス 年収

キーエンスの年収は、2006年3月期平均給与で1344万円(平均年齢は約32歳)となっています。
キーエンス(keyence)の生涯年収は6億837万円という話もあり、通常のサラリーマンではかなりの高給であるといえます。

スポンサードリンク
年収に関する情報はこちら(楽天通販)

キーエンスは、センサーを作っている会社です。大阪市東淀川区に本社があり、本社以外にも全国に支社を持っています。 ですので顧客は、対企業はほとんどになります。
業務内容は、
1.FAセンサの開発および製造、販売
2.自動制御機器、計測機器、情報機器および関連する電子応用機器、オプトエレクトロニクス機器ならびに これらのシステムの開発および製造、販売
3.ハイテクホビー製品の開発および製造、販売
キーエンス(keyence)は、センサー、レボリューター、タッチパネル、バーコード、マイクロスコープ、シーケンサ、レーザーマーカー、レーザー、バーコードリーダーなど数々のものを作っています。 株式会社キーエンスの魅力としては、会社が高収益を上げていること。売上高営業利益率56.2%。圧倒的です。
また、過去20年間の平均成長率が15%超を超えています。株式会社の中でこのような会社はなかなかありません。 新製品の約7割が「世界初」または「業界初」となっているので優位性が常に保たれています。 優位性があるからセンサーなどの製品価格が高くても購入されます。
このように、キーエンスは圧倒的な優位性から、株価は安定して推移していて平均年収が30歳で1000万円と給料が高いのもうなずけます。 株式会社も含めても日本のサラリーマンの30代で通常平均年収を600万円にいくかどうかを考えると2倍近い年収になります。 毎年、採用には力を入れており、新卒採用以外にも転職で社員を取ることもしています。 給料が高いのは人件費を経費だと考えず対価の分は給料を支払うという考えがあるから高給になっています。

キーエンス 年収 噂

キーエンスの年収で噂になることといえば、仕事が激務ということ。
ブラック企業なのではないかと評判になったりしますが実際にはどうなのかを紹介します。
社員の多くは営業職と就職して配属されます。 仕事が激務とか離職率が高いとか、30代まで営業を続けることができないのでやめて行ってしまうなどの噂や評判、 ブラック企業だとか2ちゃんねるとかでも耳にしますが、
実際のところはどうなのかというと、キーエンス(keyence)は明らかに同業他社と比較しても仕事の進め方が違うのでそう思われている傾向にあります。
具体的にいうと、毎日会議があります。営業から帰ってくるとその日の夜に時間をとってやるのですが生産性がどうなのかなどチェックを します。
また、小規模の会議は立って行います。激務というよりも効率を追求してお客さんによい製品やサービスを提供するため 無駄なことを徹底的に排除しているというのがキーエンス(keyence)の特徴です。
社員には、派遣社員ももちろんいますし、営業社員は段違いに生産性を追求します。
キーエンス(keyewnce)のホームページをみてもらうと新卒採用や中途採用で転職してくる方の為の情報を提供していますが、 残業など離職率などあまり詳しい本当のことがよくわかりにくいところがあります。
キーエンスって実際のところどうなの?ということですが、この会社は年収が高い分それ相応の生産性を挙げる必要があるということで いうと激務です。妻と子の家族をもって年収が30歳で1000万円を超えても平日はほとんど会えない可能性もあります。
ただし、22時以降は残業禁止。残業はできないので帰らさせられます。
同業他社が徹夜で行っている業務もキーエンス社員は高効率で終わらせます。
営業も電話を1日に他の企業の社員よりもかけて上司が監視しています。ですので、生産性を上げられない人には本当に激務に感じられる と思います。
また、新卒採用で就職活動を行っている学生はエントリーシートを提出し、一次面接、二次面接と重ね、内定します。
内定た人たちは他の企業カラ―に染まっていないので離職せずにある程度長く続く傾向があります。 ただし、転職してくる人に関しては、今までゆっくりな会社で仕事をしていた人などは 転職してきてかなりの衝撃をうけるでしょう。転職組にとってはもしかすると激務に感じるかもしれません。 何を仕事のスタンダードとするかかもしれません。
噂では色々と評判を書きたてられますが、会社自体はお客のために最大限努力しているので結果として現れていますしとてもすばらしい 企業です。年収もそれ相応もらえるので自分の目で確かめて働かれてみるといいかもしれません。

スポンサードリンク