キーエンス 面接

キーエンスの面接は新卒採用でも転職の就職活動でも採用基準が高いと評判です。
理由は、キーエンスは人材は人財と考えていて、人件費は経費ではないととらえています。キーエンス(keyence)の年収は他の会社と比べてみても高給であるといえます。

スポンサードリンク
採用面接に関する情報はこちら(楽天通販)

2007年度の全社員の平均給与は1,397(平均年齢:32歳)で、新卒の給与が含まれていることを考えると30歳での給料はこれ以上になると言えます。
キーエンス(keyence)に新卒採用で入社した場合に給与は、学士卒が20万4千円、修士了で22万4千円が初任給となるのですが、 ボーナスは、6月、12月とαプランというのがあります。
噂だと、ボーナスだけでも、月収の6か月分かそれ以上あるという話です。
キーエンスにはαプランというのがあり、このプランでは所属部門の成績に応じて支給して残りを全社員にボーナスとして与えられます。 営業でも技術職でも同様なので、これが平均年収を底上げしているとも言えます。
キーエンス(keyence)の面接は、新卒の場合だと秋ごろから始まるエントリーシートを提出し、一次面接、二次面接、内定と続きます。
一次面接では、ケーススタディを行うというのが噂になっています。キーエンスが何の仕事をしているかを理解していれば、 ケーススタディを面接で問われるのは普通だと思います。営業でも技術者でも問題解決スキルは必要で面接ではそれをみています。 入社してからは徹底的に鍛えられるので素地があるかを見ているので不安な方は対策を取った方がいいでしょう。
二次面接では、普通の面接が行われるという噂がありますが、実際のところ本当にようです。
数十分くらいの面接でなぜなぜ?と質問をされて、最後には頭の回転の早さと論理的な思考が問われる質問がされます。
最近はやったコンサルティング会社で質問されるような質問対策やマイクロソフト会社の試験対策ができれば問題はないでしょう。
新卒採用では、2次面接が終わると、会社見学というのがあります。グループで会社を回り社員と話すのですが、役員と話す機会があります。 これが、本当の最終であると考えたほうがいいでしょう。
キーエンス(keyence)に入社して数年耐えることができれば、どこの会社へ転職してもやっていけます。
どういうことかというと、会社に入社している方のレベルが通常よりも高いのでそこである程度の成績を出せれば、他の会社ではトップクラスなのです。
ですので、内定をもらえた場合には、一度入社をしてから鍛えられて他の会社へ転職するという考えたかたもありだと思います。

キーエンス 採用面接

キーエンスの採用面接は、前述したとおりコンサルティング会社のような面接になっています。
キーエンスの採用面接を通りぬけた人は優秀な人材が多いと評判です。特に、技術者は優秀で特許が製品の7割近くあります。 製品は、センサーやバーコード、マイクロスコープ、シーケンサ はもちろん、レーザー マーカー 、バーコードリーダー と他の会社が開発できないようなレベルの製品を仕上げています。
特許権(パテントと言います)収入などの知財だけでも相当な収益がでていることでも明らかです。
営業利益が50%近く、株価も毎年安定した水準を保っています。
キーエンス(keyence)の採用面接では、公平・公正な採用活動を行っていることで有名です。
特に、キーエンスの役員・社員と3親等以内の関係者は応募不可としていて派閥などが起こらない仕組みを作り上げています。 採用面接ではすべてがフェアな内定になっています。
就職活動をするに当たり、色々と噂が立つのもキーエンスの特徴です。 例えば、激務、残業がひどい、離職率が高いなどです。
公開されているデータだと総合職全体の離職率推移は、2003年度6.4%、2004年度4.4%、2005年度4.4%、2006年度3.9%。 離職率は普通のレベルだと思います。
残業も、21:45以降の残業は禁止しています。機密情報管理の側面から資料を家に持ち帰って仕事をすること禁止です。
つまり、決められた時間ないで効率よく働かないといけない仕組みになっています。
他の会社であれば、だらだらと残業すればいいやと考えがちなところを徹底しています。 激務だと言われるのは働き方の問題だと考えられます。効率を重視するため、ミーティングは立って行ったり、1日の行動が適切だったか 上司からチェックされます。慣れれば激務ではないと思います。
平均年収が高いキーエンスで内定をもらい働いて高給な給与を手に入れて頑張りましょう。 新卒採用での入社でも転職での入社でも確実に同年代よりは給与が高いことに誇りがもてますよ。

スポンサードリンク