イタリア語 数字

イタリア語の数字の読み方や発音は割と独特です。
数え方も途中で法則が変わったりするので若干なれが必要です。 まずは、1であるunoから覚える必要ありますね。

スポンサードリンク
イタリア語の勉強にはこちら(楽天通販)

1.uno(ウーノ) / 2.due(ドゥーエ) / 3.tre(トレ) / 4.quattro(クアットロ) / 5.cinque(チンクエ)
6.sei(セイ) / 7.sette(セッテ) / 8.otto(オット) / 9.nove(ノーヴェ) / 10.dieci(ディエチ)
11.undici(ウンディチ) / 12.dodici(ドディチ) / 13.tredici(トレディチ) / 14.quattordici(クアットルディチ) / 15.quindici(クインディチ)
16.sedici(セディチ) / 17.diciassette(ディチャセッテ) / 18.diciotto(ディチョット) / 19.diciannove(ディチャンノーヴェ) / 20.venti(ヴェンティ)
30.trenta(トレンタ) / 40.quaranta(クワランタ) / 50.cinquanta(チンクワンタ) / 60.sessanta(セッサンタ) / 70.settanta(セッタンタ)
80.ottanta(オッタンタ) / 90.novanta(ノヴァンタ) / 100.cento(チェント)

11〜16までは、『数+10』の読み方で発音をしますが、それ以降の17からは『10+数』に変わります。
途中から数字の読み方が変わるので発音が微妙に変わっています。
11〜19、21〜29など数字に関しては、10の単位と1の位の単位の読み方を組み合わせた読み方をすれば読めます。 これはもう数え方なので数字を覚えるしかなさそうです。
時々、4のクワトロを英語だと勘違いしている人もいるくらい結構使われている言葉です。 1のunoはゲームにもなっているのですぐに覚えられますね。
数字は、旅行などでも使うので日常生活の中で意識するようにするといいかもしれません。

イタリア語 数字の発音

イタリア語の数字の発音は、前につく名詞によって発音の仕方が変化します。
例えば、本を何冊買いますか?という質問をして何冊買うか答えるとします。
質問:Quanti libli compri?(クアンティ リーブリ コンプリ?)本を何冊買いますか?
答え:Compro un libro.(コンプロ ウン リーブロ)1冊買います。
答え:Compro tre libri.(コンプロ トレ リーブリ)3冊買います。
1冊であれば『uno』になるはずが、『un』になっています。
3冊の『tre』はそのままです。
実はイタリア語はドイツ語のように名詞が『男性名詞』と『女性名詞』に分かれています。 名詞の前に付くun, unoなどは英語で言う冠詞(英語では a, an, the)のように読み方が変化をします。 今回は、本が名詞で、Quanti(クアンティ)は男性名詞複数形を表します。
イタリアなどへ旅行へ行く際に、数字の発音の仕方の変化までを覚えようとすると分布などもしっかり勉強しなくてはならないので ある程度覚えるようにしましょう。 英語と同じで単語だけや数字だけを伝えれば伝わるものです。 数え方と発音の仕方だけは覚えておきましょう。

スポンサードリンク