ボルダリング ジム

ボルダリングのジムが段々と全国的にも広がってきました。 ボルダリングの人気は男性にも女性にもあるようです。 現在、ボルダリングができるジムは首都圏でいうと東京(恵比寿)、関西,大阪、愛知(名古屋),京都、福岡、神奈川、熊本、横浜、静岡など 全国的にできます。
ボルダリングは元々、フリークライミングとして低めの岩場にロープを使用して練習的の意味合いで行っていました。 そこから、クライミングをする際に確保(安全具)がなくなっていって、純粋に岩を登る形になりました。 今では、ボルダリング(Bouldering)は、フリークライミングの一種という位置付けになっていて、 2mから4mと低斜面の岩を安全具なしで登るスポーツとなっています。マットを敷いて落ちてもいいようにサポートをします。
ボルダリングの競技もあり、毎年1年を通してシリーズ戦が行われています。
ボルダリングのジムなどで行われるようにインドアクライミングなので天候に関係なくとても楽しめます。 男性だけでなく女性の参加者も多くなっています。

ボルダリングのジムの方はちょっとした運動という要素もあるのですが、ダイエットという意味でもジムでボルダリングを行っているようです。 実際に、ボルダリングを行うと体の全身に薄く筋肉が付くので体の新陳代謝がよくなりとてもスマートの体になります。

TARZANなどの取材も受けている尾川智子さんなどとてもスマートになるようです。 男性でも、全身の筋肉を鍛える上でもとてもいいです。腕だけで登ったりすると腕の筋肉がたくましくなります。 うまくなったら競技にも参加してみてみたりするのもいいかもしれません。動画などでもクライミングの様子を見ることができるのでおすすめです。

スポンサードリンク

ボルダリング関連商品(楽天通販)はこちら

ボルダリング ジムでの準備

ボルダリングジムで準備すべきものは、特にありません。
シューズはジムで貸出されますし、マットはすでに敷いてありますので大丈夫です。 必要なものとしては服装でしょう。 服は、パンツはジャージやカーゴパンツのようなもの、上はシャツなどで動きやすい格好のものがいいです。 とても汗をかきますのでハンドタオルは必須です。
今後も続けたいと思った場合には、購入すべきものがあります。
■購入した方がいいもの
・シューズ / ・チョークパウダー、チョークバッグ / ・ハンドタオル、タオルバッグ
シューズは、ボルダリングのようにクライミング専用の靴があります。 つま先が岩場に引っかかるように先端が曲がっているものです。大体1万円前後で購入することができるので、 つづけてやっていきたいと思っている人は購入したほうがいいでしょう。ジムでシューズを借りると500円くらいします。 あとは、チョークパウダー、チョークバッグ、タオルバッグがあるといいです。 最近では、ボルダリングジムでチョークパウダーの使用を義務付けているところも多くなってきて必要になってきました。 また、クライミングをしていると汗を大量にかくのでハンドタオルと小さいタオルバッグ(腰につけられるもの)があるといいです。
ボルダリングのジムを利用する場合は、どのジムに行くか地域などでも値段がことなりますが、 料金は入会金と使用料が別途必要になり入会金が大体1500円〜300円、2時間くらいの利用で1800円〜3000円くらいになると思います。 各種ジムによって違いますので一番いいところを探すといいでしょう。 値段によって設備も変わってきます。野外でクライミングする場合には、マットを購入します。 岩場から落ちるとガードするものがないのでマットは必須です。
■ボルダリングジム
東京でおすすめなのは、
●グラヴィティ
東京都豊島区高田3-13-8吉見ビル1F
営業時間:13:00-24:00(年末年始以外年中無休)TEL:03-5979-8488
最近できたばかりでとてもきれいです。 ボルダリングジムは多数ありますので、お気に入りのジムを見つけるといいですね。 動画でも一度みてみるといいかもしれません。クライミングの楽しさがとてもよくわかると思います。